紫帆のまったりPSO2日記

まったりとPSO2ライフをやってる紫帆の日記(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメンボとrookは知り合い

※CAUTION※
多大なる想像?妄想?設定が入っています
そんなもの見たくないならはブラウザバック、問題ないならそのままお進みください・・・

ベランダでのんびり

rook「ふぅ・・・」

そこへアメンボ登場

アメンボ「おっ?誰かと思えばお前さんか」
rook「あっ、アメンボさんお邪魔してます」
アメンボ「ベランダでのんびりするなら別に紫帆のとこでもいいんだぞ?」
rook「いえ、あそこは紫帆さんの自室のようなものですし・・・」
アメンボ「あいつはそんなこと気にするようなやつじゃないけどな」
rook「ふふふ・・・紫帆さんのこと、ずいぶんお詳しいようで」

アメンボ「・・・話は変わるが、お前さん1人か?」
rook「はい、紫帆さんはビンゴを埋めに、BLANCさんはアルティメットクエストに
    そして、無花果さんは・・・いつものメセタ集めに奔走してますね」
アメンボ「なら、ちょうどいい・・・少し付き合え」
rook「あら?買い物のお誘いですか?」
アメンボ「・・・いや、それよりももっとレベルの高いお話だ」


2人だけで話

アメンボ「さて、飲み物も準備できたしとことん話すか」
rook[てっきり、出かけると思っていました・・・それとその座り方はちょっとあれかと」
アメンボ「いいじゃねぇか、それに何の連絡もなしに来るほうがよっぽどあれと思うぜ?」

rook「・・・なんのことでしょう?」
アメンボ「ほぅ?とぼけてるつもりか・・・
      あと、そのしゃべり方やめてくれないか?いつもと違うから気味悪い」
rook「気味悪いとは失礼ですね!」
アメンボ「ふむふむ止める気はないと・・・じゃあ、お前さんの本名と素性を言ってもいいんだな?」

明らかに様子がおかしい

rook「・・・!?
    ほ、本名だなんて・・・私の名前はrookですよ?」
アメンボ「そうだな、最初聞いた時はそれが名前だと思ってた
      だが、お前さんと生活するうちに違和感を覚え、
      やがてそれはある答に辿りつき・・・そして、少し前に確信に至った」
rook「で、ですから・・・」
アメンボ「お前さんのその名前が、本来の名前の・・・」

rook「お願い!アメさんストップ!」
アメンボ「ほーれ、いつも俺を呼ぶ時の感じが出たな」
rook「うぅ・・・口調とその他もろもろ弄ればばれないと思ったのに・・・」
アメンボ「アホか、確かに最初は分からんかったが、さっきも言った通り生活していく内に
      お前の癖とかボロボロ出てきたぞ・・・最初こそ偶然とは思ったけどな」


ある日の癖~~

手の振り方
アメンボが感づいた理由の1つ

rook「どうかしましたか?」
アメンボ「いや、なんでもない
      (・・・やっぱり、あいつしか考えられないな・・・ちょっと中の人を脅して聞き出すか)」


rook「・・・確信を得たから、中の人に直接聞きだしたのね」
アメンボ「そういうこった、襟掴んで右ストレート連打したら、速攻吐いたぞ」
rook「あーうーあー」

アメンボ「やれやれ、どういうつもりだ? 
      中の人にお願い(500AC)してまでこっちの大型エネミーと対面したかったのか?」
rook「だ、だって、アメさんばかりずるい!」
アメンボ「ずるいとはなんだずるいとは( ゚Д゚)y─┛~~」
      「俺は中の人から頼まれてやってんだ、それにハードスケジュールなんだぞ?
      紫帆らの面倒見終えたら、次は戻って、お前とあいつの面倒・・・体持たんわ」
rook「な、なんかすいません・・・」
アメンボ「あとこっちでもサブなんだからな?俺は」
rook「そ、そこは相変わらずなんだ・・・」

アメンボ「やれやれ、両方で面倒見ることになるなんてなー」
rook「だ、大丈夫だよ!ちゃんと役作りしてるし!」
アメンボ「(それが続かないことが多々あるから心配なんだよ・・・
       まぁ、紫帆らはrookのことをよくは知らないし・・・問題はないと思うがな)」

rook「と、ともかく!・・・コホンッ
    内緒にしてくださいね、アメンボさん」
アメンボ「内緒にするも何もあいつらは本来のお前の名前と素性知らないから大丈夫だろ」
rook「なら、よかったです」

アメンボ「んっ?」
rook「どうかしましたか?」
アメンボ「いや・・・なんでもない(誰かの視線を感じた気がするが・・・)」


無花果「・・・面白い話、聞けたなぁ?( ̄▽ ̄)」
BLANC「聞けましたけど、どうするんですー?(;´・∀・`)」
無花果「決まってるやろ!いろいろ手を尽くして、rookちゃんのことを丸裸にするんや!
      それにアメンボさんもなんか関わるあるみたいやし、アメンボさんも調べるで!」
BLANC「(い、いいんですかね・・・そんなことして・・・?)」


続く・・・?
スポンサーサイト

テーマ:ファンタシースターオンライン2 - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/02/05(木) 00:45:13|
  2. CAUTION
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ルックスでコーデ | ホーム | 今年もHOTなバレンタイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shihokoro.blog.fc2.com/tb.php/212-d4deb0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足跡(´・ω・`)

プロフィール